閉じる

「 【エピソード1 時計仕掛けのスウィーツ】ビッグベンの時計の針が盗まれるという事件が起こる。/英国を揺るがす大変な事件とは・・・!?/困ったことに、明日は隣国の大使メラーコ氏がロンドンを訪れる日である。彼に国同士の友好の証として贈られるのは、ビッグベンを模したペンダント。/こんなときにビッグベンが不完全な状態となれば、イギリスという国として、まったく恰好がつかない。明日の会見の時間までに、ビッグベンの針を取り戻さなければ、国の沽券に関わる事態となる。/ビッグベンの時計の針が消えた!?/カトリーは、アスポワロ警部からの依頼で調査に乗り出す。/これがカトリーの調査スタイル!/昨日の深夜11時50分ごろまではパトロール中の警察官が時計の針を確認していた。ないことに気づいたのは朝の6時、この間にビッグベンの時計の『短針』は盗まれたのだ。